葉酸が多い食品

葉酸サプリには副作用ってあったりするのかについて


ここでは、葉酸サプリには副作用ってあったりするのかについて、書いています。

葉酸サプリに副作用があるって、聞いたことはありませんか?

ネットなどで調べると、副作用って出てきたりするんです。

そこで葉酸サプリに副作用があるのか、ないのかについて書いていきますので、良かったら読んでみてください。



葉酸サプリには副作用があるの?


葉酸サプリには副作用があるのかというと、あります。

どういった副作用があるのかというと、不眠症、吐き気、むくみ、食欲不振、呼吸障害などがあります。

ちょっと怖いですよね。

だけど、副作用ってほとんど出ることはないんです。

どういった時にこのような副作用がでるのか、また、どうして副作用がほとんどでないのかについて、詳しく書いていきます。



どういった時に副作用が出るの?


どういった時に葉酸サプリの副作用がでるのかというと、過剰摂取です。

過剰摂取しなければ、副作用はほぼできることはないんです。

葉酸って1日の必要摂取量が、妊娠前、妊婦さんで約400〜500μgです。

これくらいの摂取だと、副作用が出ることはありません。

しかし、葉酸の1日分の摂取量の上限は1000μgです。

1000μgを超える摂取を何日も続けると、副作用が出る可能性が高くなってしまいます。

また、葉酸を過剰摂取しすぎると、赤ちゃんがぜんそくになるリスクが高くなるとも言われているんです。

ですので、過剰摂取には気をつけないといけません。

また、アレルギーがある人も注意しないといけません。

自分の体に合っていない成分が入っている場合は、アレルギーが出てしまうことがあります。

アレルギー体質の方は、必ず成分をチェックするようにしましょう。



葉酸サプリはどうしてほとんど副作用がないの?


葉酸サプリは、過剰摂取しない限り、ほとんど副作用が出ることはありません。

どうしてかというと、葉酸は水溶性のビタミンだからなんです。

そのため、葉酸サプリを飲んだとしても、ほとんどが尿として排出されていますのです。

ですので、副作用ってほとんどないのです。

副作用って聞くと、妊娠中の方は特に怖いって思いますよね。

神経質になってしまう人もいると思います。

だけど、ほとんどが体外に排出されるので、そんなに心配する必要はないと思います。



葉酸サプリの副作用のまとめ


このように、葉酸サプリには副作用がありますが、副作用が出ることはほとんどありません。

ですので、あまり考えすぎないでいいと思います。

ただ注意しないといけないのが、過剰摂取です。

体にいいものだからといって、過剰摂取してしまうと、体に良くありません。

葉酸サプリのパッケージに、目安量の記載があると思います。

必ずその目安量を守って、飲むようにしましょう。


TOP PAGE